おうちブログ

2025年までに注文住宅を購入する!貯金ゼロの主婦ブログ。

HEAT20とは?G1、G2って何?断熱性能に関わる大切な基準を知っておこう!

f:id:ouciblog:20220918003458j:image

おはようございます。おうちぶろぐです。

来月から断熱性能の基準がまた変わりますね。
2022年は断熱性能の大改革の年になりました。

ここで知っておかなければならない言葉がもう一つあります。

それはHEAT20という言葉です。

これはいったい何なのか??
今日はHEAT20についてお伝えしたいと思います。

今後の日本の家づくりには欠かせない内容です!

♡この記事でわかること♡
 HEAT20とは何かがわかる!
 HEAT20の設立の目的がわかる!
 HEAT20の断熱性能がどれくらい凄いかがわかる!

 

 

 

HEAT20とは?

f:id:ouciblog:20220918003447j:image

HEAT20とは政府の政策などではなく、
建築関係の組織や企業、大学教授や研究者、住宅の専門家の方々が立ち上げた団体です。

HEAT20の正式名称は「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」で、
英語名の頭文字をとって「HEAT20」と呼ばれています。

HEAT20の目的は?

f:id:ouciblog:20220918003514j:image

このHEAT20という団体、何のために設立されたのかというと、

安心安全で高品質な家を建てるための住宅基準とは何か

省エネで地球環境にやさしく、
また住宅のCO2排出量を減らすにはどんな基準の家を建てたら良いか

というような事を研究・開発しているという目的があります。

 

詳細を知りたい方はHEAT20のHPに設立の目的が掲載されているのでご覧ください♪

 

なぜそのような団体が設立されたのか?

f:id:ouciblog:20220918003529j:image

一言でいうと、今までの国の建設基準が、現在の住宅性能の基準に見合っていなかったからです。

国がある一定の建設基準を設けているけど、それではこれからの住宅基準としては不十分だから新たに建設基準を独自に設立しよう、といったところでしょう。

その影響を受けてかどうかはわかりませんが、
住宅の断熱性能でいうと、

2022年4月1日に国の基準として断熱等性能等級5という等級が23年ぶりに新しく施行され、
更に来月の2022年10月には断熱等性能等級6断熱等性能等級7が新たに設立されます。

つまり断熱性能の基準が今年だけでめちゃくちゃ変わるんです。

今まで「我が社は断熱等級4の家を売っています!」

と声を大にして販売していた営業マンはこれからはいなくなるのです。

だって断熱性能等級4という基準は、これからは断熱性能の最低基準になっていくようなので。。

今までの住宅性能で良しとしてきた流れを変えていく必要がある、

そのための活動としてHEAT20が設立された、という事であれば、大変有難い事だと私は思っています。

 

HEAT20の基準とは

f:id:ouciblog:20220918003543j:image

HEAT20はG1~G3という基準を設けています。

例えば住宅水準の外皮平均熱貫流UA値の基準は、6地域に該当する東京を例にすると

G1がUA値0.56
G2がUA値0.46
G3がUA値0.26

という基準となっています。

これまでの最高水準のZEH住宅の基準が、6地域の東京でUA値0.6だったので
どれだけ基準が厳しいかがわかると思います。

しかし今後はこのG1~G3の基準が日本の住宅性能の標準となっていく可能性は大いにあるでしょう。

 補足:6地域というのは省エネ基準の地域区分の一つです。日本は南北に縦に長いので地域ごとに気候が異なります。なので北海道と沖縄では省エネ基準が違います。寒冷の北海道や東北地方が断熱基準がより厳しくなっています。日本の国土を8つに分けて「1地域~8地域」としており、6地域というのは東京が分類されている地域のことです。

UA値について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ☟

 

まとめ

f:id:ouciblog:20220918003556j:image

いかがでしたでしょうか。

今回はHEAT20について、どんな団体なのか、どんな基準を設けているのかをお伝えしました。

HEAT20とは、国とは別の独立した団体で、人と地球にやさしい家づくりのためにこれからどんな家を建てたらいいかを考え研究・開発している団体ということがわかりました。

またその設定された住宅基準は今の最高水準のZEH基準を上回るものでした。

今後、住宅業界は大きく変わっていくような空気を感じています。

住宅設備のみならず、コロナ禍で住宅の仕様も大きく変わってきたと思います。(玄関入ってすぐ手洗い場がある間取りをよく見かけるようになったりだとか)

これからの家づくりや家のリフォームが更に変化していきそうで、
とても楽しみですね♪

ワクワクします~!!

それではまた!

 

♡家をお探しの方へ♡

予算内で希望する家を建てるにはどのハウスメーカー工務店を選んだら良いかわからない、という方にはタウンライフ家づくりを使ってみることをおすすめします♪


なぜおすすめかというと、お住まいの近くのハウスメーカー工務店から、ご希望に沿った間取りや見積書を作成してもらえるからです。

あなただけのオリジナルの間取りがもらえます♪

登録されている住宅会社は全国約900社!大手ハウスメーカーも多数掲載されています。こちらがその一例です☟

ネットオーダーなのでたった3分ほどで入力が完了!
時間のない現代の私たちには有難いです。

また、時短で複数のハウスメーカー工務店探しが叶うのは、お子様のいるご家庭には必須項目かと思います。(我が家はまさにコレ…。)

更に土地探しも一緒にしてもらえます。
家を買う方の約7割が土地から購入するとの事ですが、自分の力だけで土地を探すのは本当に大変です。
我が家も毎日土地を探していますが、本当に大変で嫌になってきます…💦

ご希望に沿った間取りプラン、見積書、土地探し、それらの全ての提案力を一括の資料請求で比較する事ができますし、
タウンライフ家づくりを使うことでレベルの高い住宅会社を見つけることができます。

 

☟押していただけると励みになります!☟

マイホーム(計画中)ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村