おうちブログ

2025年までに注文住宅を購入する!貯金ゼロの主婦ブログ。

東海で1000万円台で購入できるハウスメーカーまとめ。《2022/7》

こんにちは、おうちブログです。

今回は建物の本体価格1000万円台で家を購入できるハウスメーカーをご紹介したいと思います。

参考にしたのはリクルートのフリーペーパー『東海で家を建てる』の2022年7月号です。 私の愛用雑誌です。

それぞれの建設会社のページで『1000万円台から建てれる〜!』という言葉が載っているハウスメーカーをピックアップしてみました。 出典:㈱リクルート発行『東海で家を建てる』2022/July.

この記事は東海地方で1000万円台で家を建てたいけれど、どのハウスメーカーを選んだらいいかわからない!といった方におすすめです。

1000万円台で建てた方の家が沢山載っていたよ!

ご興味のある方はぜひお読みください♪

1000万円台で家を建てる場合のおすすめハウスメーカー

アサヒグローバルホーム

アサヒグローバルホームのキャッチコピーは『「おしゃれで性能良くて、お値打ち」・物語があり、幸せを感じる住まい』です。
三重県四日市の家が例として挙げてあり、延床面積142.15㎡(43.0坪)で1904万円となっています。2階建てのおうちです。
アサヒグローバルホームの特徴は、坪30万円台~のコスパの良さに加え耐震性・耐久性・断熱性・メンテナンス性すべてにおいて最高等級を獲得しています。
制震ユニット「ミライエ」も搭載。

更に私が一番惹かれる(気になっている)ポイントとして建築家との家づくりを選べるサービスがあるということ!アサヒグローバルホームが加盟する日本最大級の建築家ネットワークアーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)では、約3000名の中から相性の良い建築士を案内してくれます。良い建築士、良い営業と出会うことが良い家作りには欠かせないのでとても魅力的なサービスかと思います。

アッシュホーム

アッシュホームのキャッチコピーは『年間130棟超のファンができる理由・広い平屋も狭小住宅も驚きのコスパ』です。
狭小住宅も驚きのコスパってすごく惹かれる言葉です。私は平屋は考えていないのでそこはスルーします(笑)

延床39坪の広い2階建てで1760万円~、スキップフロアのある「大収納のある家」も34坪1860万円~、と子育て世代に愛される理由はコスパの良さだそう。確かにコスパが良い。
愛知県一宮市の家の例は延床85.49㎡(25.8坪)1000万円~1500万円となっています。
狭小住宅をスキップフロアを有効活用した収納の写真が掲載されており、狭い土地でも居心地の良い空間作りがなされているな~という印象です。

アールプランナー(アールギャラリー)

アールプランナー(アールギャラリー)のキャッチコピーは『1000万円台からの「自由設計」の家・デザインも間取りも、憧れのままに』です。
家づくりを1000万円台から可能としていて期待できますが、
ここだけは他の会社と違い〈得意な施工価格帯〉が1500万円~4000万円です。
創りたい家の希望によっては高額なプランになる可能性もありそうです。。
しかしおすすめに入れたのは、
アールギャラリーには一度、主人と一緒に店舗を訪問したことがあり、
実際に売られている新築物件も見学したことがあるのでおすすめに入れたくて入れました。
それくらい、その時の担当の営業さんの感じが良く、知識もある方で好印象でした。

アールプランナー(アールギャラリー)は4つの商品プランがあり、
一番安価なarr style、もしくはFの家にすると28坪で1447.6万円からで購入できます。

家は実際に見てすごく良かったので(重厚感があり材質も良かった)
アールプランナー(アールギャラリー)は私の中ではすでに好感度の高いハウスメーカーです。
そうそう、耐震に拘る私の質問にもしっかり納得のいく説明をしてくださいました。耐震面の信用度も高いです。

おわりに

いかがだったでしょうか。
今回はアサヒグローバルホーム、アッシュホーム、アールプランナー(アールギャラリー)を取り上げてみました。
2000万円台からしか掲載のないハウスメーカーも沢山ある中で、この3社はコスパは抑えるが高性能な家作りを売りにしている紹介内容となっていました。

私は自己紹介から申し上げておりますがお金がない主婦(お金がない我が家)ですので、 家を買うに当たって本体価格は1000万円台でないと無理かなと思っています。
でもこうして探してみると1000万円台から作ってくれるハウスメーカーさんも沢山あるんだなって思いました。

ハウスメーカー工務店を探すにはタウンライフ家づくりもおすすめです。

タウンライフ家づくりが今回紹介したフリーペーパーと大きく違うのは、
色んなハウスメーカーに無料依頼をして、自分が希望する間取りプランや見積りを比較・検討できる点です。
間取りがもらえるなんてワクワクしますよね!

また今回おすすめの建設会社を探すために、それぞれのHPも見ながら記事を書きましたが、 建設会社のHPってどれも魅力的なので一つ一つ見ているとどれが良いかわからなくなりました💦 一個一個資料請求したいけどそれは大変…。 なのでよりタウンライフ家づくりで一括で資料請求できる良さがわかりました。
まずは自分にピッタリの、自分の夢を叶えてくれる建築会社を比較して見つけてみましょう♪


それでは、東海で建物の本体価格が1000万円台で購入できるハウスメーカーまとめ、第二弾をお楽しみに!

おうちブログ

☟押していただけると励みになります!☟

マイホーム(計画中)ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村